Page 1, object 5.jpg

市川櫻香 氏プロフィール

 名古屋市生まれ。古典邦楽、芸能の家に生まれる。3歳より日本舞踊を始める。日本舞踊、藤間藤子師、蘭景師、蘭黄師に師事。

 1983年 名古屋むすめ歌舞伎を結成。

 1992年 東京三越劇場主催公演 市川團十郎師監修「鳴神」 藤間藤子振付「目見得桜娘初登」 市川猿之助応援「奥州安達原三段目」にて、市川宗家より市川櫻香を許される。

 2002年 ヨーロッパ6都市8公演のむすめ歌舞伎公演を成す。演奏家お囃子すべてを女性出演者、一行30名の代表を務める。

 2005年 NPOむすめかぶき設立・代表理事。

 2007年 第一回「櫻香の会」名古屋能楽堂 ・・「積恋雪関扉」・特別出演・市川団十郎「隅田川」・出演・市川新蔵。

 主な舞台:新歌舞伎十八番鏡獅子・お小姓弥生、紅葉狩・更科姫後戸隠山の鬼女、など。また、多年にわたり坪内逍遥フォーラムに出演、お夏狂乱、舞踊・新曲浦島。かぐや姫・桐一葉の朗読なども行う。中島敦作品、悟浄出世朗読劇演出。また、八角形の舞台にて立体的な歌舞伎舞台を製作するなど、従来の歌舞伎の伝統を固守しつつ様々な取り組みを実践。特に1997年2000人の観客を集めた野外歌舞伎は、30名の一般公募者が歌舞伎名場面を次々に演じ、場面構成と衣裳、演出音楽と宵闇の中不思議な歌舞伎ワールドを作りあげ印象に残る作品を作った。

 現在、甲南女子大学「身体論」講師、「日本の伝統文化をつなぐ」「むすめかぶき」「子供と歌舞伎」等、近年、独自な企画による公演活動は多くの方から注目を集めています。2016年「日本の伝統と遊ぶ 花鳥風月 竹と山車の空間」では愛知県芸術劇場に亀崎潮干祭の山車を搬入、同年「第一回 新春を寿ぐ 江戸から現代へ邦楽と舞踊」など、今年度は「知立の山車文楽とからくり」に着目し文化庁補助金事業も積極的に行っている。

主な賞歴

2010年 名古屋演劇ペンクラブ賞受賞

2010年 名古屋市芸術奨励賞受賞

 

むすめかぶき 主な賞歴

1990年10月 名古屋市都市文化会議より 第12回都市文化奨励賞受賞

1993年1月  社団法人日本演劇興行協会より 日本演劇協会賞受賞

1995年3月  愛知県芸術文化選奨受賞

1996年3月  松尾芸能賞 研修助成賞受賞

1996年6月  第18回サントリー地域文化賞受賞

2018年12月12日 八坂圓堂 西邸

第4回 総会・懇親会

日舞・常磐津三味線 市川櫻香(アジャッパ顧問)

press to zoom
press to zoom
press to zoom