令和元年5月18・19日、昨年より企画していました、アートツーリズムが年号が変わる以前から、社団の特別顧問中西進先生が、名誉館長を務めていらっしゃる奈良県立万葉文化館をコースに入れていたという、大変タイムリーな旅となりました。

 館内では素晴らしいコレクション「巨匠が残した万葉集日本画〜響き合うことばと絵画〜」を鑑賞。唐招提寺が監修された和上御膳を食し、薪能発祥の地である興福寺で薪御能を鑑賞し、幽玄の世界を体験しました。
 また、2日めは特別に薬師寺大谷副執事長のご法話を聞く機会に恵まれました。お昼は皇族の方々も食事されたという田舎料理の店にて和やかに会食しました。
 唐招提寺では、特別に法要にも参加して、華やかやな団扇まきを見学しました。今回は幅広い年代の方がご参加でしたが、皆様から大好評の実り多きツーリズムとなりました。

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom

2019年5月18日(土) 19日(日)

AJaPPa アートツーリズム 日本の本質を体験する旅シリーズ第3回

『鑑真和上が運んできた仏教と芸術。奈良悠久のみち。』